予防が肝心

鳩

法に違反しないように注意

鳩は人家のベランダに好んで棲みつこうとします。ベランダは外壁で囲まれていて外敵に見つかりづらい上、雨風もしのげるため、鳩にとってはとても魅力的な環境なのです。いったん棲みつくと異常なほどの執着を見せるようになり、ネットを張っても忌避スプレーや忌避ジェルを駆使して対策しても、無理やり入り込もうとします。そのため、鳩対策は初動が要となります。鳩は棲みつく前に何度か様子見にやってくる習性がありますので、そのときに人が頻繁に姿を見せ、物音をたて、ここは安全な場所ではないと知らせると、諦めて去ってくれる可能性が高いです。物理的にシャットアウトするのが最も効果的なため、鳩除けネットを張るのもおすすめです。しかし、ベランダの位置によっては普段あまり見ることがなく、気がついた時には営巣していた、卵まで産んでいたという事態に遭遇することもあるでしょう。このときは、対策をとるにも注意が必要です。鳩は鳥獣保護法によって守られているため、巣や卵を勝手に捨てたり壊したりすると、罰金などの処罰が下される可能性があるのです。だからといって無対策で巣や卵を見守っているわけにもいきません。営巣するようになると、鳩はそこを居場所と定めて完全に棲みつき、糞をまき散らしながら生活するようになります。病原菌による感染症が心配な他、羽ばたきや鳴き声などが騒音となり、近所に大きな迷惑をかけてしまいます。こうなってしまった場合は、プロの駆除業者に撤去を依頼するのが最もおすすめの対策です。プロであれば法に則って撤去を行ってくれますし、去った後のベランダの殺菌や消毒も依頼することができます。

Copyright© 2018 駆除を依頼する前に知っておきたい事【ネズミ駆除業者を選択しよう】 All Rights Reserved.